トップへ

脱毛効果を左右するアフターケアについて

脱毛効果を最大限に発揮させるためには?

脱毛効果を最大限に発揮させるために

大宮の脱毛経験者の女性

脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は「専門家による施術」という安心感がありますよね。

 

自己処理よりも安全で脱毛効果も高い!
そう考えると、ムダ毛やお肌に対する意識が薄れてしまいがちです。

 

しかし!脱毛は日頃のスキンケアや心がけ一つで、その効果の出方が変わるという点を忘れてはいけません。

 

そこで今回は、正しい脱毛効果を得るために気をつけたいポイントについて考えていきたいと思います。

 

目次

脱毛施術の正しい効果を得るための注意事項

脱毛中は日焼け厳禁

 

光脱毛やレーザー脱毛の基本的な仕組みは「ムダ毛の中にあるメラニン色素に作用する光を照射し、体毛内に熱を発生させ、その熱で毛母細胞にダメージを与えて抑毛する」というものです。

 

 

脱毛中の日焼けはダメ

そのため、日焼けして肌にメラニンが多く生成された状態で施術を行ってしまうと、照射された光の波長が分散してしまい、正しい脱毛効果が得られないという問題があります。

 

また、日焼けした肌は紫外線によるダメージを受けているため、通常よりもデリケートな状態にあり、施術によって肌トラブル(炎症、色素沈着など)や体調不良を引き起こすリスクも考えられます。

 

カウンセリングや問診の際、日焼けのリスクについては十分な説明があるかと思います。
サロンスタッフやクリニックの医師の指導をしっかり守り、脱毛期間中は日焼け・紫外線対策に努めましょう。

施術前のシェービングは丁寧に行う

 

シェービングは施術に大きな影響を与えるため、次の点に気をつけながら丁寧に行うことが大切です。

  • 除毛クリームや毛抜きを使用しない
  • 肌表面が荒れないよう、優しくムダ毛をそり落とす
  • 剃り残しがないかしっかり確認する

 

シェービングの注意をする大宮の女性

光脱毛やレーザー脱毛は、ムダ毛の中に高熱を発生させて毛根にある毛乳頭にダメージを与えるという施術です。
そのため、毛抜きなどで処理をしてしまうと脱毛効果が得られなくなるので注意が必要です。

 

また、除毛クリームやカミソリなどで処理をすると、肌表面が荒れてしまい施術ができなくなる可能性があります。

 

シェービングをする場合は、顔用の電気シェーバーなどを使って肌ダメージを抑えるよう心がけましょう。

 

そして、忘れてはいけないのが「剃り残しがあると施術を断られる場合がある」ということです。
脱毛サロンに多いのですが、事前処理が十分でないという理由から施術NGとなったり、別途シェービング代を請求されたりするケースがあります。

 

施術前のシェービングは正しい方法で丁寧に行い、施術に悪影響を与えないよう気をつけて下さいね。

薬の服用に気をつける

お薬には気をつけて

薬を常用している場合は、事前に医師やスタッフに相談しておくことが大切です。
服用・塗布している薬によっては、施術自体が行えなくなる場合があるため注意が必要です。

 

薬の使用を隠して脱毛を行った場合、正しい施術の効果が得られないばかりか、重篤な肌トラブルや体調不良が起きてしまう危険性があります。

施術前後の飲酒はNG

施術前後のアルコールはダメ

飲酒をすると体温が上昇し、肌も乾燥しやすくなってしまいます。そのため、施術前後のお酒はNGです。

 

「体温が多少上がるくらい大丈夫なのでは?」なんて声も聞かれますが、脱毛は肌に熱を与える施術のため、体温上昇は炎症や肌の痛みなどのトラブルの原因になる可能性があります。

 

同じ理由から、施術当日の入浴や激しい運動を禁止しているサロンも少なくありません。
体温上昇のリスクを理解し、施術前後の生活に気をつけましょう。

日頃から保湿に努める

 

正しい脱毛効果を得るためには、肌を健康に保つことが必要となります。
特に肌の乾燥は、脱毛効果を下げる、施術の痛みを助長するなど悪影響が大きいため注意が必要です。

 

保湿をすすめる大宮の女性

そのため脱毛効果を考える場合、保湿はとても重要な要素となります。

 

日頃からしっかりと保湿を行っておけば、脱毛施術のダメージに肌が負けることはなくなりますし、痛みが軽減するなどのメリットも得られます。

 

顔の保湿はしっかりしているけど、身体はローションを塗る程度という方も多いかと思います。

 

ですが、それに乳液やクリームを塗るという一手間を加えるだけで、脱毛の効果がUPする可能性は十分あります。
ぜひ、毎日の習慣に保湿を取り入れてみて下さい。

 

脱毛施術後に必要なのはクールダウン

サロンやクリニックでは、施術後にジェルや冷却パッドでクールダウンを行ってくれます。
これは、施術によって肌に残った熱を下げ、肌の乾燥や痛みを緩和するために行われる処置です。

 

クールダウンをすすめる大宮の女性

このクールダウン、施術後の1回きりという方も多いと思いますが、実は自分で行うことも大切です。
施術直後の肌冷却は3〜5分程度で終わることが多く、肌の奥に残った熱を完全に取り除くことは難しいと考えられるからです。

 

施術を終えて帰宅した後は、冷やしたタオルやクールパッドなどを使い、再度肌のクールダウンを行うことをオススメします。

 

また、当日は入浴を避けてシャワーを浴びる方がほとんどだと思いますが、シャワーでもそれなりに体温上昇や肌の乾燥は起きてしまいます。
これを解消するためのクールダウンも忘れずに行いましょう。

 

クールダウンは、肌の熱を下げて乾燥を防ぐだけでなく、肌のきめを整え毛穴を引き締める効果も期待できます。
ちょっと面倒かもしれませんが、得られるメリットは大きいので頑張ってみて下さい。

 

脱毛方法の種類と違い:まとめ
脱毛効果を最大限に発揮させるためには脱毛の仕組みを理解し、正しい対処をすることが大切です。

 

とは言え、行うべきことはそれほど多くなく、ポイントを押さえて行動すれば問題ありません。

 

せっかく時間と費用をかけて脱毛をするのであれば、高い効果を得たいもの。
今回のご紹介した注意点に気をつけながら、安全・安心な脱毛を目指して下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛