トップへ

脱毛時の肌トラブルの原因と対応

脱毛中に肌トラブル!?慌てる前にするべき対応|脱毛大宮

脱毛で肌トラブルはおきる?

肌トラブルが起こる原因はなに?

脱毛は、直接肌に特殊なフラッシュやレーザーを当てるので、安全だと言われても肌トラブルがおきないか不安になるものです。

 

実際に、脱毛で肌トラブルをおこすケースは、ごく少ないもののゼロではありません。肌トラブルがおきる原因はいろいろあり、同じように脱毛したとしてもトラブルがおきる人とおきない人がいます。

 

肌トラブルがおきる原因はいろいろ

ではどんな原因で肌トラブルがおきるか、見ていきましょう。

 

サロン・クリニック側の過失

 

まず考えられるのが、サロンやクリニックでの施術のミスです。このミスにもいろいろあります。

 

  • 照射のパワーが合っていない(強すぎた)
  • 施術前後の肌ケアが足りなかった
  • 肌あれや色素沈着を見過ごして照射してしまった など

 

肌トラブルで、サロン・クリニック側にも原因がある場合がある

サロンでは、細心の注意を払って施術しているわけですが、スタッフも人間なのでミスをしてしまうこともあります。

 

肌が弱いのに強いパワーで照射したり、照射後の肌のクールダウンが短かった、しみやほくろの上から照射してしまったなど、うっかりミスが肌トラブルの原因になることがあります。

 

体調や肌の調子が悪かった

 

前回と同じように施術しても、体調が悪かったり肌の調子が悪いと肌トラブルをおこすことがあります。普段は平気なのに、調子が悪い時は肌あれしやすいという人は、脱毛をお休みした方が無難かもしれません。

 

施術後の肌ケアを間違えている

 

サロン側から、照射直後の注意事項を教えてもらえるはずですが、これを守らないと肌トラブルをおこすことがあります。
よくあるのが、

 

  • 飲酒や激しい運動
  • 湯船に浸かる
  • 紫外線を浴びる
  • 肌をいじりすぎる

 

脱毛前後は肌を休めるために、休養する女性

脱毛後は、肌の内部に熱がこもりやすくなっています。激しい運動や湯船に浸かるのがいけないのは、体温が上がることで炎症がおきやすくなるため。

 

施術後は、なるべく無理をせず、肌を休めてあげることが大切です。

もし肌トラブルがおきたら

肌トラブルが酷い場合は、すぐに医療機関を受信しましょう

脱毛による肌トラブルは、肌のほてりや腫れ、痛み、かゆみ、発疹、そしてやけどなどがあります。

 

まずは肌を冷たい濡れタオルなどで冷やし、炎症を抑えること(保冷材は冷えすぎるのでNG)。

 

そして、すぐ脱毛サロンやクリニックに連絡して対応してもらいましょう。脱毛サロンなら提携しているクリニックを紹介、クリニックなら来院して処置してもらえます。

 

肌トラブルを防ぐには、施術中にいつもより痛みを感じたらスタッフに相談した方がいいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛