トップへ

冷たいジェルは苦手!どうすればいい?

もう無理!ジェルが冷たくて全身脱毛が辛い

脱毛する時のジェル

脱毛のジェルが苦手な女性

脱毛への不安といえば、「痛み」や「肌への影響」が気になりますよね。

 

でも実際に脱毛をはじめてみると、痛みや肌への影響はほとんど心配ないことがわかります。

 

代わりに、盲点なのが「ジェルの冷たさ」です。

 

春〜夏にかけての脱毛施術ならまだいいのですが、真冬になると・・・分かっていてもジェルが冷たいとビックリしてしまいます。

 

ジェルに関してまとめてみたので参考にして下さいね。

 

目次

脱毛の盲点!ジェルが冷たい

脱毛時に塗るジェルとは?

 

ジェルを塗る理由は、肌の保護と照射の効果を高める効果、肌を冷やし照射の熱を取る効果が期待できるため、ほとんどの脱毛サロンでは、照射前にジェルを塗っています。

 

このジェルは、肌に伸ばすととても冷たいです。

 

冷たいのが苦手な女性

狭い部位だけを脱毛するなら耐えられますが、全身脱毛をする場合はかなりキツイです。

 

サロンによって一度に塗る範囲は異なりますが、全身脱毛の場合は広い範囲をまとめてジェルを塗るため、例えば胸からお腹を一度に塗ることがあります。

 

もちろん室内は温かく保たれていますが、ジェルを塗った部分はかなり冷えてしまいます。

冷えを防ぐ方法ってある?

完全に冷えを防ぐ方法はありませんが、少しでも寒さを凌ぐための工夫はできます。

 

・暖房を入れてもらう
・タオルや毛布をかけてもらう
・使い捨てカイロを持参
・脱毛部位を分ける

 

寒くないかサロンスタッフが聞いてくれるので、寒かったら遠慮なく室内の温度を上げてもらう、タオルや毛布をかけてもらうといいですね。

 

念のため、寒がりだと言っておくといいかもしれません。

 

冷え対策をしてくれるエステティシャンの女性

使い捨てカイロは、施術中は貼るのは厳しいですが、手に握っているだけでも温かいです。

 

施術後はお腹などに当てて温めるといいでしょう。

 

脱毛部位を分ける方法もあります。

 

サロンやコースによっては1回の来店で全身を一度に施術するサロンが増えていますが、体の1/2や1/4だけのサロン(コース)もあります。

 

体の1/4だけの施術なら施術時間も短いので、長い時間は厳しいと思うなら、こうしたコースのあるサロンを選ぶのも一つの方法です。

 

ただし、通常なら1回の来店ですむところを2〜4回通うことになるので、少々面倒な面があります。

ジェルを使わないサロンもある

脱毛サロンの中には、ジェルを使わないサロン(キレイモなど)もあります。
ジェルなしのメリットは、ただ寒くないだけではありません。

 

・ジェルでべたつかない
・施術時間の短縮

 

なぜジェルが不要かというと、照射ヘッドに冷却装置がついているためです。

 

冷えないサロンをすすめてくれる女性

つまり、冷やしながら照射が可能なので、ジェルが必要ありません。

 

とはいえ、照射ヘッドを肌に当てる時や肌をクールダウンする時はヒヤっとします。

 

でも、ジェルのように塗っている間ずっと冷たくないので、ジェルありを体験した人はかなり楽に感じる人が多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛