トップへ

サロンの脱毛方式に違いがあるのを知ってますか?

光脱毛の種類について

光脱毛には種類がある

脱毛サロンやエステで採用されている光脱毛は「フラッシュ脱毛」とも言われ、おおまかに分けると3種類あります。

 

サロンの脱毛方法を紹介する女性

 

3種類もあると効果に違いがあるような気がしますが、実質的な効果の差はないと言われています

 

しかし、それぞれ微妙な違いがあるので、脱毛サロンを選ぶ基準のひとつとしてチェックしておくといいでしょう。

 

光脱毛器の種類

現在、脱毛サロンで使用されている主な光脱毛は次の3種類です。

3種類の光脱毛を説明する女性

 

 青色ポイントマーク IPL方式
 青色ポイントマーク S.S.C方式
 青色ポイントマーク SHR方式

 

このうち、一番多く使用されているのがIPL方式
S.S.C方式も大手脱毛サロンで多く採用されていて、脱毛体験者も多数です。

 

SHR方式は新しいタイプの光脱毛で、使用するサロンがじわじわ増えています。

 

ではそれぞれの特徴について説明します。

IPL方式

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式とは、黒いものに反応する性質を利用して毛根を弱らせていく方法です。

 

もともと肌の色素沈着(シミなど)を治療するために使用されており、一番実績のある脱毛方法といえます。

 

IPL脱毛を説明する脱毛サロンスタッフ

他の脱毛方法よりも効果が高いという声もあり、比較するとやや肌への刺激や痛みがあると感じる人も。

 

医療レーザーに似ていますが、医療レーザーよりも出力が弱いのが特徴です。

 

代表的な脱毛サロンは、キレイモ、銀座カラー、エピレなど。

S.S.C方式

S.S.C(スムース・スキン・コントロール)方式とは、ジェルに含まれる抑毛成分に光を当て、毛根に浸透させる方法です。

 

痛みがほとんどないため、肌が弱い人や痛みに弱い人にも支持されている脱毛方法です。

 

ssc脱毛を説明する脱毛サロンスタッフ

 

一方、脱毛効果はIPL方式より弱いという声もありますが、肌質や毛質などによって向き不向きもあるので、あまり気にしなくていいようです。

 

代表的な脱毛サロンは、ミュゼプラチナム、脱毛ラボなど。

SHR方式

光脱毛の中で、最も痛みや刺激を感じないとされるのが、SHR方式です。

 

照射の時は温かい光を浴びたような感覚なので、ストレスがほとんどありません。

 

SHR脱毛を説明する脱毛サロンスタッフ

また、日焼けした肌や地黒の人も脱毛できるのが他の脱毛方式にない特徴です。

 

他の脱毛方式は「毛周期」が鍵となっているために1.5〜3か月置きの照射となりますが、SHR方式は毛周期にとらわれずに脱毛できるため、毎月照射することができます。

 

早くムダ毛を減らしたい人に注目されている脱毛方式です。

 

代表的な脱毛サロンは、ストラッシュ、ラココなど。

どの光脱毛がおすすめ?

基本的に、光脱毛痛みが少ない脱毛方法です。

 

どんな人にはどの脱毛が向いてるか?希望する脱毛に合うのはどれ?など、分かりやすいようにおすすめをまとめてみたのでサロン選びの参考にして下さいね。

 

脱毛方法選びについてアドバイスする女性

 

青色ポイントマークとにかく痛みに弱い人
青色ポイントマーク お肌がデリケートな人
青色ポイントマーク お肌が黒い人(SHRのみ)

 

矢印マーク下ピンク

 

S.S.C方式、SHR方式

 

オレンジの下矢印マーク オレンジの下矢印マーク オレンジの下矢印マーク

ミュゼ(S.S.C)脱毛ラボ(S.S.C)

ストラッシュ(SHR)、ラココ(SHR)

 

チェックマーク S.S.C方式の脱毛サロンはミュゼのように全国に多く店舗がありますが、SHR方式は新しい脱毛方式のため、採用しているサロンはまだまだ少ないです。

 

青色ポイントマークとにかく脱毛効果を優先したい人
青色ポイントマーク 剛毛な人・VIO脱毛をしたい人
青色ポイントマーク 実績のある脱毛方式がいい人

 

矢印マーク下ピンク

 

IPL方式

 

オレンジの下矢印マーク オレンジの下矢印マーク オレンジの下矢印マーク

キレイモ銀座カラーエピレ

 

チェックマーク 効果については上に書いた通りあまり差がないとも言われているので、他の条件と兼ね合わせて総合的に選ぶといいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛