トップへ

脱毛時のジェルの有り無しの違いを知りたい

脱毛時のジェルの有り無しと効果|脱毛大宮

脱毛サロンによって違う、ジェルの有り無し

ジェル有り無しの理由とそれぞれの違いは?

脱毛をしていて「何が辛い?」と聞くと、ジェルが苦手・・・という人が多いんです。

 

ジェルは冷たいので長時間は辛い、拭き取りがイマイチだった、くすぐったい・・・などジェルを使う必要ってあるのかな?と疑問に思う人もいるかと思います。

 

脱毛時にジェルを使用するのは、ちゃんとした理由があります。

 

でも中にはジェルを使用せずに脱毛するところもありますが、この差ってなんだろう?と思いますよね。

 

実は、ジェルを使って脱毛する場合も、ジェルを使用しないで脱毛する場合も、脱毛効果に大きな差はありません。

 

では何故ジェルの有り無しがあるのでしょうか?

 

脱毛の時に使うジェルとは?

脱毛サロンなどで脱毛する時、照射前に「ジェル」を使います。大半がヒヤっと冷たいジェルなので、初めて脱毛する時に驚く人が多いです。

 

この冷たいジェルを使う理由はいくつかあります。

 

◎脱毛効率を上げるため

施術する時、脱毛マシンで照射するのですが、この時に照射するフラッシュの効果をより高める効果がジェルにはあるといわれています。

 

特に、s.s.c方式の脱毛マシンで使用されるジェルは、ジェルに抑毛成分がカプセルに閉じ込められています。

 

照射することで、このカプセルが破れて毛根に入ることでムダ毛を抑制していきます。

 

◎肌を保護する

ジェルには、フラッシュによる肌への刺激を防ぐため、保湿成分が配合されています。

 

また、美肌に導くプラセンタやコラーゲンなどの美容成分が入った製品も。

 

◎肌を冷やす

冷たいジェルは、フラッシュの熱を冷ます効果もあります。
肌の表面は熱くなることはほとんどありませんが、毛根に熱がこもりやすく、この熱によりあとで肌トラブルをおこす原因に。

 

肌を冷やすことで肌トラブルを防ぐことができます。
(ミュゼのようにジェルが常温タイプにリニューアルしたサロンもあります)

 

◎痛みの軽減

冷たいジェルは、照射の痛みを軽減する役割もあります。

 

脱毛した経験のある人ならお分かりだと思いますが、ジェルをつけるとかなり冷たく、塗った部分の感覚が弱まることで痛みを和らげています

ジェルを使わない脱毛マシンもある

最近は、ジェルを使わない脱毛サロンもあります。

 

その代表がキレイモ。「ジェルなしで大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、キレイモで使用されている脱毛マシンには、冷却装置がついています。

 

そのため、肌が一瞬冷えて照射のダメージから肌を守ってくれるのです。

 

ジェルなしのメリットは意外と多いです。

 

  • ジェルを塗る・拭く時間をカットできる(施術時間を短くできる)
  • べたつかない
  • ジェルのヒンヤリ感がない(冷却装置の冷たさを感じるのは一瞬だけ)

 

しかし、ジェルなしの脱毛サロンの中には、事前に肌を冷やすところもあります
ジェルを使うよりは冷えないものの、時間的にはあまり変わらないという声もあります。

 

フラッシュ脱毛の種類

フラッシュ脱毛にはいくつか種類があります。
このうち、ジェルを必ず使用するのが、「s.s.c方式」の脱毛マシン。このマシンは、ミュゼや脱毛ラボなどが使用しています。
ジェルの抑毛成分が必要なため、必ずジェルを使っています。

 

「IPL方式」の脱毛マシンは、肌の保護と照射の熱から肌を守るためにジェルを使用しています
IPL方式を採用しているのは、銀座カラー、シースリー、エピレなど。

 

ジェルなしの脱毛マシンは、今現在キレイモのように冷却装置を備えた脱毛マシンのみとなります。

 

脱毛効果に違いはないならどこで脱毛する?

では、ジェルありとなしでは脱毛効果に差があるかというと、実際はないそうです。

 

「ジェルがあった方が安心」という人は、ジェルのある脱毛サロンがおすすめです。

 

・ワキ・V脱毛なら圧倒的人気の ⇒ ミュゼ
・全身脱毛なら顔・VIOを含むコスパ重視の ⇒ ピカリ

 

「施術時間が少ない方がいい」なら、ジェルなしの脱毛マシンのあるサロンの方がいいでしょう。

 

・全身脱毛サロン評価NO.1の ⇒ キレイモ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛