トップへ

サロン選びの前に脱毛方法の違いを知っておきましょう。

脱毛方法の種類と違い|脱毛大宮

 

脱毛方法について語る大宮の女性

プロの脱毛施術を受けよう!と考えた時、選択肢の多さに戸惑うことがありませんか?

 

光脱毛やレーザー脱毛など施術の種類も様々で「どれを選ぶべきなの?」と迷ってしまう方も多いですね。

 

そこで、今回は日本の脱毛業界で主流となっている光脱毛とレーザー脱毛の違いについて説明します。

 


 

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

脱毛について説明する大宮の女性

現在、脱毛業界ではこの2つの施術が主流となっていて、主にエステや脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が行われています。

 

でも、この2つの違いって意外に知られていないもの。
ここで簡単にご説明しましょう。

 

光脱毛とレーザー脱毛の仕組みは共通している

光脱毛とレーザー脱毛は、どちらも「体毛内にあるメラニン色素に作用する光の波長を利用した施術」で、メカニズムは以下の通りです。

 

  • ムダ毛の中にあるメラニン色素(黒色)に作用する光を照射する
  • 光の波長がメラニン色素と反応してムダ毛の中に熱が発生する
  • 発生した熱が周囲に広がり、体毛を育てる毛母細胞に届く
  • 熱によって毛母細胞がダメージを受け、ムダ毛が抜け落ちる

 

このように、光脱毛とレーザー脱毛の仕組みは共通しているんですね。

 

ではどこが違うのか。

 

それは照射する波長と機器の出力です。

 

考える大宮の女性

レーザー脱毛では単一の波長を高出力で狭い範囲に照射しますが、光脱毛では複数の波長を持つ光を低い出力で広範囲に照射して施術を行います。

 

また、レーザー脱毛用の医療機器は医師をはじめとした専門家しか扱えないのですが、光脱毛の業務用機器は低出力に制限されているため専門家でなくても扱えるという違いもあります。

 

次に、光脱毛とレーザー脱毛、そして2つとは仕組みが異なる電気針脱毛の特徴を見ていきましょう。


光脱毛

光脱毛は脱毛サロンエステで主流の施術です。

 

お店によって呼び方が異なり、説明などでは「フラッシュ脱毛」「光脱毛」「フラッシュライト脱毛」などと記載されています。

 

大宮の脱毛サロンのエステイティシャン

光脱毛はレーザー脱毛と比較して出力が弱いため、1回あたりの脱毛効果は低いと言われています。
ですが、一方で肌に対する刺激が穏やかで、痛みや肌ダメージが少ないというメリットがあります。

 

光脱毛は毛周期にあわせて2〜3ヶ月に1度のサイクルで施術を行い、1年半〜3年程度で脱毛完了するのが一般的です。

 

なお、光脱毛は永久脱毛の定義(※)を満たさない施術のため「永久脱毛できます」など記載することができないことになっています。
万が一、永久脱毛を謳い文句にするエステや脱毛サロンがあった場合は避けるようにして下さいね。

 

※永久脱毛の定義

日本にはまだ永久脱もの関する規定はありませんが、世界的にはアメリカ合衆国の政府機関FDA(食品医薬品局)が定める。
「レーザーを3回照射後6か月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態を可能とする施術=永久脱毛」

という定義が規範とされています。

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛は脱毛クリニック皮膚科などで行われている施術です。

 

ダイオードレーザーなどの医療用レーザーを使用した脱毛で、高出力で施術を行うため光脱毛よりも高い効果が期待できます。

 

大宮のクリニックの女性

一方で、肌への作用が強いため痛みを感じることが多いという特徴があります。
ただ、この痛みについては麻酔クリームなどで対処してもらうことが可能です。

 

施術は光脱毛と同じく毛周期に合わせて行うため2〜3月に一度のサイクルで行われますが、1回あたりの脱毛効果が高いため、完了までの期間は光脱毛よりも短めです。

 

また、大きな特徴として「永久脱毛が可能というものが挙げられます。

 

これは、クリニックや皮膚科で使用されている医療用レーザー機器が、前述の永久脱毛の定義を満たし、かつ施術を専門家が担当することによります。

 

脱毛方法の種類と違い:まとめ

  • 光脱毛とレーザー脱毛のメカニズムは共通している
  • 2つの違いは光の波長の種類や機器の出力にある
  • レーザー脱毛は永久脱毛ができるが、光脱毛は永久脱毛ができない

ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛