トップへ

脱毛時の痛さって本当はどれぐらい?

脱毛時の痛さは?|脱毛大宮

脱毛時の痛さってホントはどれぐらい?

 

脱毛を語る上で外せないのが「痛みはどれくらい強いの?」という話題ですよね。

 

痛いのを嫌がる大宮の女性

「痛みが強くて脱毛を続けるのが辛い……」
「痛みに敏感なので脱毛に対して恐怖心がある」
「毎回キツい痛みがあるので、脱毛のことを考えると憂鬱になる」

 

こんな悩みや不安を持つ方も少なくないのではないでしょうか?

痛みを嫌がる大宮の女性

 

そこで、今回は脱毛の痛みについて考えて行きたいと思います。
痛みが出やすい施術や部位、対処法などをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

脱毛施術の種類によって痛みが違う?

現在、脱毛業界で主流となっている施術は光脱毛とレーザー脱毛ですが、この2つの大きな違いは「出力」にあります。

 

  • レーザー脱毛は医療従事者が担当するため高出力での施術が可能
  • 光脱毛は無資格のスタッフでも施術ができる代わりに、低出力の施術に制限されている

 

実は、この出力の差が痛みの出方に大きな影響を与えているのです。

 

簡単に施術時の痛みと出力の関係を説明すると

  • 高出力の施術は脱毛効果が高い反面、肌が受ける刺激やダメージが強い
  • 低出力の施術は脱毛効果が穏やかな反面、肌が受ける刺激やダメージが弱い

といった感じになります。

 

痛みについて説明する大宮の女性

脱毛の施術中に感じる痛みは、皮膚が刺激やダメージを受けた際に生じるものです。
そのため、高い出力で施術を行うレーザー脱毛は痛みが強く出やすく、低い出力で施術を行う光脱毛は痛みが弱い、ということになるのです。

 

このことから、痛みに敏感な方や恐怖心を抱く方には、レーザー脱毛よりも光脱毛の方が向いていると言えるかもしれません。

 

ただし、医療レーザー脱毛は、痛みを緩和するために麻酔処理を行うこともできます。

 

レーザー脱毛を検討する方は、カウンセリング時に十分に痛みに関する相談をしておくことをおすすめします。

脱毛の痛みを感じやすい部位はどこ?

脱毛の痛みは、部位によっても出方に差があります。

 

痛みが強く出る部位の特徴には

  • 皮膚が薄く敏感
  • 皮膚の直下、または近くに骨がある
  • 皮膚が乾燥している、または乾燥しやすい
  • 太く濃い体毛が生えている

といったものがあります。

 

こういった特徴に該当する部位には、次のようなものがあります。

 

  • VIOライン
  • ワキ
  • ひざ下
  • ひじ下

 

痛みについて説明する大宮の女性

痛みに不安がある方は、これらの部位の脱毛を始める前に、痛みを軽減できる方法がないか担当者に相談しておくことをおすすめします。
あらかじめ相談しておけば、出力を下げて施術をする、麻酔処置を検討するなどの対処をしてもらうことができるので安心です。

 

また、意外に思われるかもしれませんが、顔やうなじなど産毛が密集している部分も痛みが強く出る場合があります。
これは、レーザー脱毛や光脱毛がメラニン色素が薄い体毛に対して効果が出にくいことに関係しています。

 

なぜなら「効果が出にくい→他の部位より高い出力で処理する必要がある」からです。

 

施術の出力が高くなればなるほど痛みが強くなるのはご説明した通り。
細くて繊細な見た目とは裏腹に、産毛の脱毛は時に強い痛みを引き起こすことがあるので注意しておきましょう。

 

脱毛方法の種類と違い:まとめ

  • 脱毛時に感じる痛みは、出力に大きな影響を受ける
  • 高出力のレーザー脱毛より、低出力の光脱毛の方が痛みが少ない
  • VIOラインやワキなど痛みが出やすい部位がある
  • 痛みが出やすい部分の脱毛を希望する場合は、事前に担当者に痛みを軽減する対処法について相談することが大切

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛