トップへ

脱毛適齢期と年代別脱毛したい理由

脱毛をスタートするのにぴったりな脱毛適齢期ってあるの?

子供からシニアまで脱毛年代は広がっている

子供〜シニアまで脱毛したい人達

脱毛のCMや広告を見ると10〜20代の女子ばかりなので、「私の年齢では脱毛するのはおかしいかな?」とか、「まだ早いのかな?」と思う人が多いです。

 

しかし、今は下は3歳ごろから上はシニア世代まで脱毛している人が増えています。

 

でも、年代によって脱毛したい理由はかなり違いがあるといわれています。

 

目次

小学生の脱毛したい理由

早ければ、小学生からムダ毛が生え始めます。

 

小学生といえば、水泳や体操、バレエなどの習い事をしている子供も多いもの。

 

ムダ毛に悩む子供

こうした習い事は動きやすい服装=肌が見えやすい服を着ることが多いです。

 

そんな時、ムダ毛が多かったら他のコからからかわれる原因に。

 

ひどくなるといじめにも発展してしまったり、ムダ毛を気にして消極的になってしまう子供もいます。
こっそりムダ毛処理をして、肌を傷つけてしまうことも。

中学生〜高校生の脱毛したい理由

脱毛をしている女子中学生

そろそろ異性の視線が気になったり、オシャレに目覚めるのが中学生から高校生ごろ。

 

体が子供から大人に変わる時期なので、ムダ毛も生え始めます。

 

人生の中で一番自意識過剰になりやすい時期とも言われ、ムダ毛のお手入れをしはじめるのもこのころが一番多いですね。

大学生〜30代の脱毛したい理由

脱毛している女子大学生たち

恋人や夫といったパートナーとのスキンシップでムダ毛が気になる人が多いです。

 

見た目だけでなく触り心地にもこだわるため、チクチクしやすい除毛よりも脱毛をしたい人がぐっと増えます。

 

また、結婚式を意識して脱毛する人も多いです。

 

腕やワキ、胸元がグッと開いたドレスをキレイに着こなすために、慌てて脱毛サロンにかけ込む人も。

40代〜シニアの脱毛したい理由

介護の為に脱毛を考えてる女性

健康に変化を感じやすいミドル・シニア世代は、将来もし入院や介護される立場になった時に不安を感じやすいもの。

 

介護の時のためにデリケートゾーンをキレイにしておきたい、という理由で脱毛したい人が増えています。

 

下の世話をしてもらうことになったら、ムダ毛があることで臭いや雑菌の原因にもなるので、40代を過ぎたら老後のことを考えて脱毛をする人が増えています。

 

「脱毛適齢期」ってある?

脱毛適齢期をすすめる女性

「脱毛したいと思った時が脱毛適齢期」というのはある意味正解です。

 

ムダ毛が気にならなければ、脱毛する意味がないですからね。

 

しかし、もし「脱毛はまだいいかな?」と思っているなら、できればこの時期がいいというのはあります。

 

それは20代から30代前半ごろまでです。

 

ハートクーク緑 20代〜30代前半が脱毛適齢期な理由

20代になると、ホルモンバランスが安定する人がほとんどです。
この時期はムダ毛も生えそろっており、脱毛するにはベストタイミングといえます。

 

また、他の年代より肌の状態も安定しているため、出力を上げての脱毛にも対応しやすいため、脱毛効果が一番出やすいと考えられます。

 

ハートクーク緑 小学生〜高校生はホルモンバランスが不安定

未成年の場合、まだホルモンバランスが安定しておらず、ムダ毛がすべて生えそろっていない場合があります。

 

未成年でも脱毛を始めるのはもちろんアリですが、脱毛してもいずれまたムダ毛が生えてくる可能性があるので、効率があまりよくないかもしれません。

 

ハートクーク緑 40代〜シニアは白髪になる可能性も

一方、40代以降もホルモンバランスが崩れやすく、肌荒れしやすい時期。

 

肌の健康状態がよくないと脱毛の効果が下がるだけでなく、脱毛時に出力を下げなければならなくなることも。

 

また、ムダ毛にポツポツ白髪が増え始めるのもこの時期。

 

脱毛機のほとんどは、黒いものに反応することを利用して脱毛しているため、白髪や淡い色の毛には効果がありません。

 

白髪はニードル脱毛のように色素に関係なく脱毛できるものもありますが、痛みや料金などの点に欠点があります。

脱毛適齢期以外でも脱毛にチャレンジ!

美肌めざして脱毛にチャレンジする女性

年代によっては、効率よく脱毛できない可能性があります。

 

しかし最近は脱毛機の性能もあがり、肌にやさしい上に脱毛効果も望めるようになりつつあります。

 

ムダ毛をすっきりさせることは十分可能なので、いくつになても諦めずにチャレンジしてみるといいでしょう。

 

心配なら脱毛サロンのトライアルを受けてみて、それから脱毛を続けるか考えても間に合います!


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛 医療脱毛(永久脱毛) 全身脱毛 カウンセリング アンダーヘア脱毛